MENU×

0120-133-887 お問い合わせ・お見積もり

現場ファイル

Works

キッチン移設で実現 明るさ溢れるLDK

動線改善

空間コーディネート

物件データ

建物種別
戸建
場所
四街道市
築年数
15年
工期
1ヶ月
施工費用
410万円
担当者
後藤 友和 ・ 福間 愛

動線改善とお洒落さに留意した内装

和室だった場所にキッチンを持ってくることで、洗面室へのアプローチが楽になったと共に、勝手口ドアを設置したことで、ごみ問題も解決。

尚且つ、今までのキッチンは間仕切り壁があり独立したキッチンのように閉塞感があったので、リビングを見渡せるキッチンにしたいとのことで、ペニンシュラ型のキッチンにしました。

Before

After

施工内容の紹介

ペニンシュラ型キッチン+大型背面収納

少人数の時にはカウンターで食事ができるキッチン。構造上必要で抜けなかった柱はアクセントとして見せ、背面に大型収納を造作、家事コーナー・食器コーナー・パントリーに区分けした使い勝手のよい空間に仕上げました。また、来客時には、扉を閉めるだけで気遣いいらずな点もポイントです。そしてキッチンエリアの床をLDエリアと異なる大理石調のフローリングで仕上げ、オシャレさをアップ!

 

開放的で遊びのある空間

ペニンシュラ型キッチンのコンロ前を全面ガラスにしたことで、閉塞感を感じることなく快適にお料理ができる空間に。
背面の収納内部に黄色いクロスを使用。扉を開けた時に白基調のキッチンに黄色が綺麗に映えて、お施主様は開ける度に嬉しくなるそうです!

 

ワークスペース

広くなったリビングに、ワークスペースを持ちたいとのご要望から、正面と横に窓のある明るいスペースに長いカウンターを造作。
アクセントクロスを出窓側にすることで、インパクトもあり落ち着けるリビングとなりました。

 

居心地のよい空間

以前は収納が少なく殺風景なイメージで居心地が悪いと仰っていました。そこで、キャビネット付トイレにし、物が隠せて尚且つクロスもオシャレなものにしたことで、居心地のよい空間を実現。クッションフロアが今までは寒々しいカラーだったので、キャビネットカラーをベースに、暖かいイメージに仕上げました。

 

POINT

壁があることで、どうしても閉塞感が生まれてダイニングスペースが暗い印象だったのですが、見せる筋交いにすることでLDK全体を見渡せ、明るくすることが出来ました。

遊びに来たお孫様も、筋交いによじ登って遊んでくださっているとのことで、三世代が楽しく過ごせるスペースになりました。

あキッチンでは、ご夫婦二人の時にキッチンカウンターで並んで食事をしたり、壁に設置したTVを一緒に見ながらくつろげる憩いのスペースに喜んでくださっています。

建物
戸建
目的・こだわり
動線改善
セグメント
リビング水まわり
費用
~500万円