MENU×

0120-133-887 お問い合わせ・お見積もり

現場ファイル

Works

配色にこだわったワークエリア ~遊び心を加えたサニタリーの明るいオフィス~

倉庫改修

物件データ

建物種別
店舗オフィス
場所
千葉市中央区
築年数
工期
3ヶ月
施工費用
1,500万円
担当者
蜂谷 正雄 ・ 富澤 道子

倉庫をオフィスにリノベーション

2F建て4ブロックに分かれた倉庫をオフィスにリノベーション。1Fは設計室と、会社の顔 “倖生炭グリラー” のテストキッチン(国内外のホテルや、数多くのレストランで選ばれている画期的な業務用グリルのお試しスペース)です。

2Fオフィスは外壁・屋根の断熱を重視、夏は表面温度が80℃を超える折板屋根を考慮し、高性能グラスウール、外周壁はネオマフォームと開口部には内窓インプラスを取付け、遮熱+遮音性も向上!

 

Before

After

施工内容の紹介

ミーティングスペース

社長室にはミーティングスペースを併設。
内装はアーバンシックな空間に。

 

サニタリーエリア

コストを抑えつつ、ちょっと息の抜ける、オフィスとは違った
異空間性を重視しました。
男女共パーテーションで分割されていた窮屈な空間を1ルームにし、
便器の向きを変えてゆったりとくつろげる空間に。

 

男性用WC

ワイルドかつ落ち着きある内装の男性用トイレ。
右奥にはクールなブラックで仕上げた据付の収納棚を配置、
トイレットペーパーなどスマートにしまえる隠し棚的デザイン
がポイントです。

 

女性用WC

ひととき、優雅な気分を味わえる空間に仕上げた女性用トイレ。
デザイン性を損ねないよう、収納は手洗い器下に配置しすっきりと。

 

キッチン

木目の長尺シートと、塗装壁にマラケシュ柄のアクセントクロスで
モロッカン風に仕上げました。
コンロは消し忘れや周囲が熱くならないIHヒーター。

 

POINT

2Fホールは、オーナー即決の木目モザイク柄のクロスをアクセントに、
切文字サインをライティング。

建物
社屋・店舗
目的・こだわり
リノベーション
セグメント
店舗
費用
1000万円以上